もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

猛暑

2018
07/18
2018.7.16.png葬祭部の広田です。

私は夏が苦手です。暑いのが苦手です。
最近気温がグっと上がって会葬の方々が体調を崩さないか心配しています。
それぐらい暑い時期になってきましたがその中で「この人達はすごいな!」と思える人を見つけました。
それは交通整備(ガードマン)の方々です。アツアツのアスファルトの上で何時間も立っていて、僕だったら
1時間も耐えられないと思います。プロの人達なので慣れているのかもしれませんがツライはずです。
水分補給と休憩はしっかり取って頂きたいと思います。

さてこれだけ暑いので皆さん水分補給はしっかりされていると思いますが間違った水分補給はしていませんか?
暑い中作業をしていると汗をかきます。汗をかくと当たり前ですが身体の中の水分量が減ります。
しかし汗として体外に出るのは水分だけでなく塩分(ナトリウム)も体外に出ます。
ここでの間違った水分補給というのはただ水を飲む、お茶を飲む、ジュースを飲む、ビールを飲む(笑)です。
身体の中から水分と塩分が出ていっているのに水分だけを補給するのは逆に危険な行動になりかねません。
なぜなら塩分量が減っているのに水分量だけが増えると体内の塩分量の濃度(比率)がより下がります。
これが原因で熱中症になることもありますので、水分補給の際はナトリウムを含んだ飲み物を飲んだり、
塩飴や梅干しなどで塩分を補給してから水分を補給するといいでしょう。
普段身体の中の塩分濃度が適量の場合塩を舐めると「しょっぱい・からい」と感じますが、塩分濃度が低くなっている時は
甘く感じたりもします。

夏が好きな方はしっかりと準備をして楽しんでいただきたいと思います。

脳のトレーニング

2018
07/17
ダウンロード.png葬祭部の広田です。

7月12日にもみじ市民ホールで寄せ植え教室が行われました。
皆さん楽しそうで、盛りあがっていただいて良かったです。
普段このようなイベントを行う前に少し時間を頂いてお葬儀や終活の話をしているのですが
今回の講師に任命された私はまだ葬祭部に入って1年程度ですので皆さんに葬儀についてお話しできるような
知識や経験がありません。
そこで自分に何が伝えられるかと考えた時に「脳トレ」が浮かびました。
母親が介護施設で働いており、そこで脳トレになるクイズや体操をすると盛り上がると聞いていました。
さらに以前話しましたが私は元々ゴルフを一生懸命やっていた人間ですのでスポーツする上での脳の使い方などには自信があります。
想像力、推理力を養うクイズと実際に手と指と脳を使った運動神経、反射神経を養う遊びを皆さんに行って頂きました。
盛りあがったかはさておき、私はとても大切な時間だと思いました。
脳は使わないと衰えます。
テレビを見ていて「あれ?この女優さん名前なんやったっけ?」とか普段の生活で「あれどこにしまったっけ?」と
いうことがありますよね?
そういう時は思い出すように頑張ってみてください。結果的に思い出さなくても思い出そうと頑張って考えている時というのは
脳が頑張っている時です。最初から思い出そうとせずに何も考えないと脳は何も考えないので衰える一方です。
運動神経や反射神経も同じように使わないと衰えます。
運動神経は脳に「このくらいの力で身体のどこどこを動かしたい」をちゃんとコントロールするために必要で、
反射神経はその考えを脳へ伝達し脳が身体へ「こう動け!」という指示を送るスピードのことを言います。
この伝達が上手く早く行えないと「つまずいた時にこけないように足を出して踏ん張る」「怪我を最小限に抑えるような体制をとる」
が咄嗟にできません。
おそらくスポーツ選手の中で想像力に優れていてさらにこの反射神経と運動神経が優れているのは卓球選手ではないでしょうか。
相手がかけているボールのスピンを瞬時に想像(判断)してそれを上手に打ち返す打ち方を考え、脳がその打ち方を再現するように
身体に命令をして足を動かしながらそのフォームで打ち返す。この間1秒もないですよね。
囲碁、将棋、麻雀などの手と頭を使うのも良いでしょうが、実際に身体を動かしながら考えるのも私は良いと思います。
ただこの時期ゴルフはあまりお勧めしません。暑すぎる中のゴルフは危険ですので。私も夏はほどほどにしています。


セミナーの講師をしてきました。

2018
06/28
葬祭部の奥川です。

谷川八区自治会の方よりご依頼を受けて、終活セミナーを行いました。セミナーの内容は、日本の高齢化の現状からエンディングノートの書き方です。

私は初めて皆さまの前で話をするので、大変緊張し、終わったころには汗だくでしたが、皆さん真剣な表情で聞きながら、時には笑いが出たり、うなづき、とても話しやすい雰囲気でした。

セミナーの中に出た自分の延命治療、病気の告知は、家族に任すのではなく、しっかりとご自身で希望を家族に分かるようにしてほしいといった事は皆さん納得された様子でした。

多くの方は「子供や、家族に任している」と言いながら、「迷惑をかけたくない」と思われています。かなりの矛盾が有ります。その矛盾をどうしたら取り除けるかを考えていただきました。そのためには、しっかり御自身のエンディングを考え、それをエンディングノートなどに残して頂く事が大切です。

八区自治会様、機会を与えていただきありがとうございました。

初盆

2018
06/26
葬祭部の杉上です。

四十九日を過ぎて、忌明け後に初めて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」
もしくは「新盆(にいぼん)」と言います。四十九日よりも先にお盆がくる場合は、翌年を初盆とします。

初盆は、亡くなった方が仏になって初めて里帰りすると言うことで、とても大切な供養のひとつとされています。

地域や風習・宗派によって初盆の準備は違ってきますが、仏壇の前に盆棚を作り、精進料理、野菜やくだもの、故人の好物、花などをお供えして、提灯を灯します。

盆棚とは、仏壇の前に飾る棚のことで精霊棚(しょうりょうだな)とも言われます。盆棚は机の上に真菰(まこも)のゴザを敷き、その上に位牌を並べたり、お供えをします。

真菰とはイネ科の大型多年草で、お釈迦様が真菰で編んだ寝床に冒認を寝かせて治療されてた、と言われていることから盆棚にしかれるようになりました。

盆棚syouryou.jpg


お供えする物には、それぞれ意味が有ります。故人様を想い、ひとつひとつ調べながら準備をするのもご供養になりますよ。

遺品整理

2018
06/22
こんにちは、義積です。毎日暑い日や涼しい日があり、なかなか体がついて行きません。みなさんも体調には気を付けてくださいね。

私は亡くなった父の大工道具を全て処分しました。自宅の物置には電動のこぎりや、カンナなどがたくさんあり、その一つ一つは、父が買い集めたものでした。無口な父は家の修繕箇所を見つけるとサッと直す人で、この道具で家を守ってきてくれました。亡くなって一年が過ぎ、やっと処分する事ができました。生きている時に父の物を処分することは、その人の生き方を否定するようで、どうしてもできなかったのです。

儀の後、亡くなった方の遺品を片付ける事はとても大変だとよくお聞きします。その物に思い出がありすぎて片付けられないという方もあります。故人が使っていた物は、第三者からするとガラクタかもしれませんが、遺された家族からすると道具を通して故人を思い出す大切な物です。その遺品を処分できる時は、心の整理ができた時かも知れません。

分達で整理できない方もいらっしゃいます。残された家族がご高齢や、遠方である事などがあります。最近はそのような方に「遺品整理」をするサービスがあります。整理の他、孤独死の部屋の清掃など特殊な作業もあります。業者により部屋の間取りなどで作業料金が設定されています。業者とのトラブルを避けるためにも事前に複数の業者から、見積を依頼される事をお勧めします。
20180622遺品整理.png
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら