もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

年忌

2018
12/11

葬祭部の横田です。

いつの間にか丹波に来て半年が過ぎていました。
私事ですが、一軒家で一人暮らしを始めたり、色々とご縁があって猫を飼いだしたり、
お休みの日は少し探検したり、割と楽しく過ごしてます。

そういえば葬祭業に就いて、使う事が多くて今では知ってて当然の事になってしまいましたが、
最初の頃は「これ、そういう意味だったのね...。」と思ったことがあります。

まずは年忌の事。

四十九日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌...と続き、三十三回忌や五十回忌で弔い上げとなります

四十九日はそのままです。亡くなった49日後。
一周忌もそのまま。亡くなった1年後。ここまでが喪中といわれます。
ちょうどタイムリーなお話ですが、喪中ハガキを出すのも亡くなった年の年末ですね。

ややこしいのはここからです。
三回忌は・・・?
三年後?

実は2年後です。
七回忌は6年後。

...つまり数え年なのです。

ご存じでしたか...?
私は知りませんでした。

身内だとずいぶん前に亡くなった祖父の回忌法要の連絡が、その時期になると親戚の誰かしらからまわってきて、祖母の家で集まってしていました。
今年5月に十七回忌の法要があり、
「そろそろ命日かー!17年目かー!だいぶ経つなー!呼ばれたから行っとこう!」ぐらいの気持ちでした。

17年目ではなかったのです...。
...数えなので、16年目でした。
そういえば享年も数え年ですよね。
あれも意味があって、少しでも長生きしたように見せるために享年を使うそうです。


ちなみに神道だと式年祭といって、数えではなくそのままの年数で行うそうですよ。
分かりやすくて良いですね。


男って弱い...?part2

2018
12/07
葬祭部の佐々木です。

前回ブログを書いていた時にふと、
「先立たれた男性はどうして弱ってしまうんだろう?」
と、気になったので調べてみました。

とあるアメリカの大学の研究では、妻に先立たれた男が早死にする確率は、平均より30%も高いという結果が出ていました。
妻と離別した男性は平均余命が9年、死別は3年以上縮まるという研究データがあります。
逆に、夫に先立たれた女性には、こういった傾向はほとんど見られないようです。
男性側としては深刻です...。

何故こういった結果になってしまうのか...。誰だってできる事なら健康に長生きしたいですよね。

平均的には女性の方が、男性よりも多趣味で、友人も多い事が関係しているそうです。
確かに男性でこれといった趣味が無く、仕事に打ち込んでいる方は、どうしても仕事上の付き合いの方が多くなっていきます。

そういうわけで、定年後のほぼ唯一の人との関わりである「妻の死」という大きなストレスを発散できず溜め込み、結果体を壊す事になってしまうのでしょう。
逆に女性は趣味や友人でうまく分散していくので、あまり影響がなくなるということですね。

...となると、男性はもっといろんな所で人間関係を分散したり、趣味などでやりがいや楽しみを見つけるといいのかもしれません。
まぁ性別に関わらず色々なお付き合いをしたり、何か楽しい事を見つけたり、色々な所に出かけたりする事が多い人は、やはり若々しくエネルギッシュに感じます。

そういう関係性や趣味作りも、人生を楽しむこと...そして後には終活に繋がるのでしょう。
亡くなった後も「こういう人だったな。これが好きだったな。」なんて偲んでもらえたら素敵ですね。

自分も何かそういうものを見つけて、一日一日を楽しく過ごしていきたいです。

思い出の曲

2018
12/05
葬祭部の広田です。

先日、お葬儀前の打合せの際に喪主様より
「故人がこの曲が大好きだったので式の時に流してほしい。」と言われました。

故人様が生前から奥様におっしゃられていたようで、私も是非流したいと思ったのですが、
どんな曲なのかお伺いしたところ海外のバンドグループの曲でした。
知らないグループでしたので、どんな曲調か分からず、
少し不安でしたが聞いてみるとバラードでゆったりした曲でしたので安心しました。

もみじ市民ホールでは、ご当家のご希望とあればどんな曲でも流してあげたいという気持ちはあるのですが、
さすがに、お葬式中にロックや演歌の激しい曲を流すことは、会葬者の方もおられますので、お受けすることはできません。

今回のお葬儀では無事お別れの際に流すことができて、故人様もきっとお喜びになられていると思います。

20181201.png

お葬儀って縁起が悪い?

2018
12/03
葬祭部の奥川です。

最近よく耳にする「終活」
私も、終活についてお話をさせていただく事がありますが、
その中でも、昔の終活と、今の終活に焦点をあてています。

一昔前は、「お葬式の事や、お墓の事を考える事は縁起でもない!」
と考えられてきました。
葬儀って不幸な事なので当たり前ですよね。
人間不幸な事は、考えたくないですよね。

しかし、今はどうでしょう。

自分の葬儀の事や延命治療の事は、
自分で考える時代になってきました。

葬儀の事前相談も増えており、葬儀会館の前を通ると、
無料相談受付中と書かれたのぼり旗が掲げられていますよね。

今は、事前に情報を入れておくことが当たり前の時代になっています。

もみじホールでも、事前相談は随時受付しております。
ぜひお気軽にお越しください。

もみじ和田ホールオープン

2018
12/01
葬祭部の義積です。

いよいよ和田ホールが12月22日にオープン致します。当日は、オープン記念イベントとして大抽選会をはじめ、楽しい催し物をご用意しております。
抽選会 
 
大抽選会の景品第一位は、ダイソンの掃除機。牛肉、この時期に重宝するファンヒーターも当たります。
しかも空くじなしですので、必ず何かが当たります。もみじ倶楽部の会員様限定でご参加できます。会員でない方は、当日ご入会いただくと参加できます。

20181201ダイソン掃除機.jpg

講演会
特別講演は二部構成。第一部は柏原町の岡林写真館様の遺影写真のお話です。遺影写真といえば、定番は着物やスーツで正面を向いているものが多いです。それはそれでとても素敵なのですが、一味違う遺影写真を撮られます。

二部は、市川愛さんの講演です。市川さんは一般社団法人終活普及協会理事をされており、日本初の「葬儀相談員」です。講演のテーマは「良心的な葬儀社の選び方」「終活について」です。葬儀は分からない点が多いですが、葬儀社の言いなりにならず納得できる葬儀を行うのはどうしたらいいのか、葬儀後に起こるトラブルなどを分かりやすく話されます。また、葬儀業界の都合に偏ることなく消費者の立場からの目線ですので葬儀の正しい知識を知ることができます。

20181201市川愛さん.jpg

無料屋台
 会場では無料屋台の「えきそば」「たこやき」「おにぎり」があります。イベントの最後にはお花のプレセントも。他にも盛りだくさんのイベントを準備しております。オープンイベントお知らせは、新聞折込や会員の会報でも今後ご案内します。会館見学を兼ねて是非お越しください。当日はスタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら